花粉症克服への道

花粉症治療あれこれ(その1)

高校を卒業するころには、花粉症という言葉もほとんどの人が知り、市民権を得たような感じでしたが、その後社会に出てしばらくしないと、市民権は得ることができなかったのです。
当時は患者数もまだまだ少なく、古い世代の人はあまり花粉症ではなく、「花粉症=気合が足りない、甘えだ」というイメージだったのでしょう。
なので、マスクをして仕事をすることが許されないようで、規制をされていた職場もありました。
もちろん、接客であれば解りますが、事務員で部外者と会わなければ問題ないのですけどね。
しかし、その古い世代にも花粉症の波が押し寄せてきて、やっとここ10年くらいで花粉症=つらい病気という認識が広まってきて、うるさかった人達も何も言わなくなりました。
ほんとなってみないと、このツラさは解りませんよね。

 

1円玉治療

女性誌か何かに載っていたのですが、1円玉を眉間に貼るいうものです。
もちろん、何も起こりませんが、当時はワラにもすがりたいので、必死にやってました。

 

野菜スープ

野菜スープとうのが爆発的に流行ったことがありました。
ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎなどを水で煮出したスープが様々な病気に効くと。特に花粉症が治ったなど、女性誌を始めテレビなどでも盛んに放映されました。
もちろん結果は何も起こりません。
しっかり煮詰めるので、放って置いた鍋が焦げてしまい、あやうく火事になるところでした。